家賃滞納におけるQ&A (借りる時の注意・貸す時の注意)

家を借りるに当たって覚えておきたい事

家賃の滞納について

ここでは、家賃滞納について解説します。家賃の支払日は一般的に、契約書に記してあります。この支払日を賃貸人が1日でも払うのが遅れた場合、基本的には契約違反になります。家賃滞納は計画的な人ならば、あまりないと思います。ではなぜ家賃滞納がおこってしまうのでしょうか?

一般的な理由は、忘れていたや旅行等の外出中だった、急な病気や怪我、失業等の理由でお金がない(払えない)支払う気がないそして、行方不明、音信不通といった理由が一般的な理由です。

そして、滞納の多くが支払いが少し遅れてしまうという事です。この場合は優しい大家さんなら許してもらえる事が多いですが、期日までに払う事がルールですので、期日までに払う事を習慣づけておいた方が良いでしょう。

問題なのが、支払う気がないパターンです。約束を守らない人や居留守を使う人がいるそうですが、このような悪質な場合には裁判を起こされたり、法的手段によって「明け渡し請求」や「差し押さえ」「契約解除」といった方法で追い出されてしまう事があるので、そう言った悪質な事は必ずしないようにしましょう。

3ヶ月以上家賃が未払いだった場合、借主にも連絡がいきますが、連帯保証人にも連絡がいってしまう恐れがあります。そして保証人も長期間滞納された家賃は金額がかさんでしまっているため、支払わないという例もあるそうです。家賃を支払わない場合は保証人に迷惑がかかるのはもちろんですが、こういった事により、保証人になってもらった人からの信用を失ってしまいます。

こういうお金で失った信用は中々戻りません。信用を失わないようにするためにも、家賃は期日までに必ず払った方が良いでしょう。そして、3ヶ月というのはあくまで目安です。法律で定めがあるわけではなく目安です。しかし、目安とはいっても、期日を守れてないのは事実なので、いつ連絡がきてもおかしくないと言うのは忘れないで下さい。そして家賃を滞納するとどのような裁判等が起こされてしまうのか知識をつけておきましょう。

スポンサードリンク